夫の浮気にサクッと対応!『夫の浮気とあなたのこれから』

ある物語(完)

人気blogランキングへ
ただいま、ランキング上位に入れるか実験中です!
ご協力いただけるとうれしいです!


ことは突然起きました。

ある日、友人の携帯電話が鳴りました。
ディスプレイを見ると、ストーカー気味な彼の電話番号でした。

無視しようかとも思いつつ、その日は出ました。

「もしもし、佐藤あかね(仮名)さんですか?」

???

彼からの電話で何で名前を聞かれるの?

しかも、声は、、、女性!!!!

そしてその声は続けます。
「武田直彦(仮名)の妻です」

!!!!

友人は、一瞬何が何だか意味が分かりませんでした。

しかし、しばらくして、やっと状況が飲み込めました。

そう、結婚を求めてきたあの彼の奥さんからの電話だったのです。
内容はどうやら、と連絡を取らないでほしいということ。

友人は冷静に、むしろ連絡しないでほしいのは
こちらであるとのことを伝えました。

この1件は一応、これで終わりです。

その後、彼からはまだしつこく連絡が来るらしいのですが、
別に実害はないようです。

それにしても、彼は既に結婚をしているのにもかかわらず、
独身を装い、他の女に求婚していたのです。

友人はかなりのショックを受けていました。
まさか・・・という感じです。

さて、長々と語って私が言いたかったのは、
あなたの浮気しているかもしれませんが、
その相手方の女性を理由もなく責めないであげてほしいということです。

もちろん、略奪愛だとかそういう類のもののたくさんありますので、
そういった場合には責めてもいいのかもしれません。

うまくいけば、離婚のときに女性からも慰謝料がもらえますし(^_^)

でも、そうでないことも実はあるのです。

実際、どれくらいの割合であるのかはわかりませんが、
事実として、浮気相手である女性もまた、
あなたのにだまされているかもしれないのです。

そうなると、被害者は2人です。

もちろんあなたは被害者。

そして、浮気相手もまた被害者なのです。

だから、もし浮気が発覚し、
浮気相手がわかったとしても、
むやみやたらに責め立てないようにしてあげてください。

むかつくのはわかりますが、
同じ女性として、同じ被害者として、同じく傷ついているのですから。

もちろん、「結婚」という契約を交わしていたあなたの
傷つきの方が、大きいとは思いますよ。

では、今日はこの辺で。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15180052

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。