夫の浮気にサクッと対応!『夫の浮気とあなたのこれから』

離婚の種類

人気blogランキングへ
まずはここをクリックしていただき、ありがとうございます!

さて、条件の前に、基礎知識として、離婚の種類をまとめます。
下に行くほど、話し合いがもつれているという風に捉えてください。

たとえ裁判をしないにしても、離婚を望むなら、
浮気の証拠はそれ相応のものを集めてくださいね!
(次こそ、それに触れますね!)

本協議離婚
・夫との話し合いで決定します。
・離婚全体の9割です。
・特別な手続きなく、離婚届を役所に出すだけです。

本調停離婚
・家庭裁判所という第三者が関わり、夫との調整をスムーズにします。(調停)
・合意すれば「調停調書」が作成され、離婚届と一緒に出して離婚成立です。

本審判離婚
・離婚調停がうまくいかないときに、家庭裁判所が独自の判断で離婚を決めます。
・審判後、2週間は異議申立期間となります。
・2週間にあなたか夫に異議があれば審判は失効します。
※これは非常にレアなので、あまり気にしなくても良いかと思います。

本裁判離婚
・どれもうまくいかない場合に行います。
・精神的にも、金銭的にもつらいので、できれば避けたいです。

以上です。
なんとなく分かりました?
では次こそ、浮気離婚の条件についてまとめます!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。